History

1942年チャロン氏は中国から来てタイにて定住することをしました。その時に代チャロン氏がまだ20歳なので、何の仕事でも断らずに働きました。最初の3年間ノンタブリー県のバンブアトン区にある水上市場にて雑貨を販売しました。続いて、タイに先に来た兄がサッムペン地区にて生地の店舗を開店していたから、チャロン氏が兄を手伝いに行きました。精勤のおかけで、チャロン氏が一生懸命働きましたので、貯金できてバンコクでのパーシーチャロン運河 にある用地を毎月800バーツの借料で借りました。 それから、その借りった用地にて小型な染色屋を開業しました。

業務の実績が進歩するようになったから、チャロン氏がナコンパトーム県のサームパーン区にある40ライの空き地まで現場を移動することにしました。その時から現在までブンチュアイ産業株式会社が営まれ続けています。

現在ブンチュアイ産業株式会社が生地の染色の工程から完成品の工程まで顧客の要求に対応可能です。